マハラージャン「セーラ⭐︎ムン太郎」とは?歌詞の意味を現役国語教師が徹底解説!

国語教師の歌詞考察

セーラ⭐︎ムン太郎とはマハラージャン自身、そして、社会に立ち向かう俺たちのことだ!

スポンサーリンク

こんなあなたへ!

・脱サラ目指していて、勇気やモチベーションの欲しい人!

・スパイシーで刺激的な人生を歩みたい!とお考えのあなた!

おにぎりT
おにぎりT

どうも、おにぎりせんせいです。

最近話題沸騰のこの人、マハラージャン

マハラージャンというミュージシャン。

マハラージャンって何者?

いや、もうこの風貌。

え、ターバンwターバンのイケメンwww

ターバンなんてもうピッコロか天空×字拳のナムかって感じでもう漫画でしか見たことないよ。(ドラゴンボール大好き)

とか思いながら曲聞いてみると、、、。

かっけぇ・・・!

かなりファンキー。ソウルフルでキャッチーなメロディはまさにスパイシー!

マハラージャンは東京都出身のシンガーソングライター。映像制作会社、Web広告代理店に勤めた経験がある。 社会⼈になってから感じた強烈な劣等感や、耐えがたい苦悩、屈辱に苦しんだ結果、スパイス × ダンスミュージックという現在のスタイルに辿り着く。働き方改革が問われる現代が産み落とした、スパイス香るアジアの異端児。

ウィキペディアより

つまりはそう、脱サラミュージシャン。

6月19日にはYouTubeの人気音楽チャンネルのThe First Takeにも出演。OKAMOTO’Sのハマ・オカモトなど豪華なバンドを従えての出演も話題となっている。

特に話題なのがこの曲「セーラ⭐︎ムン太郎」

聞かず嫌いしないで聞いてみて!

「セーラ⭐︎ムン太郎」という謎ワードが癖になる。

ゴメンネ素直じゃなくて、のムーンではどうやらなさそうである。

「セーラ、セーラ⭐︎ムン太郎」とこのファンキーな曲で連呼されてもうヤミツキ。

繰り返し再生するぼくはまさに

思考回路はショート寸前、である。

(何言ってるかわかんない人はとりあえず30代のお兄さんお姉さんを捕まえて聞いてみてね⭐︎)

歌詞考察

で、一応現役国語教師の歌詞考察シリーズなので、歌詞を見てみましょう!

見せかけのヒーローは

すぐわかる

本物はいつでも

笑われてる

歌詞より

さすが、社会人経験に裏付けされた歌詞。見せかけの多い世の中です。

その中で、本質と言い換えてもいいかもしれません、本物の力を持った人は笑われるんです。

アニメや映画で描けない

地道で起伏のない日々

それでも『いつか』に備えている

ヤツの名前は

歌詞より

アニメや映画にすることができない地道な日々。

なんの起承転結もないからドラマ性はゼロ。物語になんかならない。

そんな中での『いつか』とは。

それは「自分が日の目を浴びる日」。

そんな日が来るのをあきらめていない、ヤツの名前は!

セーラ、セーラ☆ムン太郎

月明かりの夜

セーラ、セーラ☆ムン太郎

たまにミラクル起こす

セーラ、セーラ☆ムン太郎

嵐の日でさえ

セーラ、セーラ☆ムン太郎

声が届くの信じてる

歌詞より

キター!セーラ⭐︎ムン太郎!!

嵐の夜でさえ、声が届くの信じてるその志がたまに起こせるミラクルにつながる。

月明かりの夜、毎晩、どんな時も、やり続けることがミラクルを起こすための条件。

そして2番だぜ!

イカサマのヒロインは

よく目立つ

真実を語る人が

孤独になる

歌詞より

イカサマのヒロインは1番の見せかけのヒーローと類比です。薄っぺらい目立ちたがり屋。

「真実を語る人が 孤独になる」これはマジ真実。

なぜ、本当のことは言っちゃいけないんだろう。

真実言わずに、上の人に気に入られることが一番出世には必要。みんなわかってかわからずかやってる。

だけど、それって気持ち悪くない?そんなふうに自分の人生に嘘ついて生きてくの?

変身しない 派手な技もない

ありふれた日常と戦う

それでも心は

プリズムエナジー全開なの

ここ、ぼくがこの曲で一番好きな部分。

あのマンやライダーやキュアのように変身なんかしない、できない。

ビームも出ないし。ビーム。あんなに昔から出したかったのにいまだに出ない。

戦う相手も、怪獣や妖怪じゃなくて、あくまで平然とやってくる日常。

それでも溢れるのは、プリズムエナジー!

このプリズムエナジーこそ、ありふれた日常に負けないためのぼくたちの動力!

マハラージャンにとっては音楽だったのだろうし、

ぼくにとってはブログを書くことや、筆で字を書くこと。

日常が辛くても、このことを思えば力が湧いてくる。 

こんな力をプリズムエナジーという言葉で喩えてるんだから作詞センスすげぇ・・・!

セーラ、セーラ☆ムン太郎

月の出ない夜も

セーラ、セーラ☆ムン太郎

たまにミラクル起こす

セーラ、セーラ☆ムン太郎

ピンチの時も

セーラ、セーラ☆ムン太郎

デカいビジョンを描いてる

歌詞より

2番では「月の出ない夜でも」になってる。

月出ても出てなくてもどんな時でも、自分自身の人生のためにやることやらないと。

そしてたまにミラクル起こす。

「ピンチの時も デカいビジョンを描いてる」

窮地にこそ!!力は開花する!!!

デカいビジョンがないと、成功なんて無理よ。

たとえピンチの時も。絶対勝つって思わないと。

ピンチの時こそパワーアップのチャンスなんだから。

セーラ、セーラ☆ムン太郎

闇を切り開き

セーラ、セーラ☆ムン太郎

輝きを放て

歌詞より

社会の闇を切り開き、輝きを放て!

セーラ、セーラ☆ムン太郎

月明かりを背に

セーラ、セーラ☆ムン太郎

逃げ隠れもしない

セーラ、セーラ☆ムン太郎

月の出ない夜でも

セーラ、セーラ☆ムン太郎

たまにミラクル起こす

セーラ、セーラ☆ムン太郎

大ピンチの時も

セーラ、セーラ☆ムン太郎

デカいビジョンを描いてる

歌詞より

最後のサビ。

月明かりを背に、逃げも隠れもしない。

力強い歌詞。そこにあるのは決意か。

ピンチが大ピンチになってることにも注目。

大ピンチになっても、描くのはデカいビジョン。

結局、「セーラ⭐︎ムン太郎」って何?

ぼくは、この歌詞を読んだ時、

セーラ⭐︎ムン太郎=マハラージャン自身だと思いました。

つまり、社会の重圧や理不尽と戦いながら、自分のしたいことを追い求めてきた男

そして、それを叶えた男

それがセーラ⭐︎ムン太郎なのだと。

さらに、そんなセーラ⭐︎ムン太郎とはぼくたちのことでもある。

このセーラ⭐︎ムン太郎というクセスゴワードは、すごいインパクトだけれど、

実はそこに「自分のやりたいことで生きていきたい!」という思いを持ったすべての人の名前を代入できる。

だからこそ、こんなふうに世に認められたのではないでしょうか?

・・・かっけ

これはもうミラクルロマンス!そうミラクルロマンスだよ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました